2013年10月21日 (月) | Edit |
まだ冬タイヤに交換は早いのかも知れないが、車が2台
有るので急に雪が降ったり峠越えをする事に成ったりに
備えて1台はタイヤ交換して置いた。



インパクトが有るので4本交換しても30分も掛らない
のだが・・・
交換を終えて走ろうとしたら?
ブレーキが掛っているようで走りが重い!
サイドブレーキはちゃんと外れているし・・・
何でタイヤ交換でブレーキが掛るのか?

ジャッキアップしてみたらホイルが回らない!
調べるとキャリパーとホイルが接触しているではないか!
去年は全然なんとも無く使っていたホイルなのに・・・
原因は春にパットを新品に交換した為キャリパーが外へ
張り出した為・・・
ホイルの内側を削ろうかとも思ったのだが・・・



ようは1ミリでも隙間が有れば良い訳で、ワッシャを買ってきて
スペイサーに挟んで誤魔化す事にした

純正のホイルじゃ無いからこんな事もあるのだなぁ~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可