2014年04月11日 (金) | Edit |
札幌は積るほどの雪だった様だが白老は天気が良く
気温もだいぶ春らしい気温の朝に成って来た。

外での作業も寒くなさそうで、東京から回収して来た
バイク(SRX)のレストアを始めた。



10年ほども動いてなかったので、動く状態まででも
修復にはかなり手が掛りそう



案の定キャブは腐ったガソリンがタール状に固まって
フロート室のネジを外しても開かないというすごい事に
成っていた。
キャブクリーナーに一晩漬けて置いてもまだ綺麗に成って
いない!

自分は子供の頃からバイクに乗って来たバイク好きでは有るが
バイク自体にはあまり拘らないで、どんなバイクでも満足して
乗っている。
だからバイクを購入する時に「これが欲しい」という感情を
持って決めた事はあまり無い。

しかし、これまで何十台というバイク所有の中でSRX-6を
2台、SRX-4を4台と未登録の2台、何と8台ものSRXを
持っていて、このバイクとの係わりは深い。
常に複数バイク所有の中に居た事も有り、旅の思い出も多く、
雪道ツーリングも可能にしたバイクでも有るから印象深い。

ZX-10の取り回しが重く感じる様に成ったので、何か軽い
バイクを仕入れようかと思っていた所へ、この話が出て
思い入れの有るSRXなら東京まで引き取りに行っても良いかと
即決した次第・・・

多少費用が掛っても何としても復活させたい!
パーツさえ有ればどんな状態でも直せる自信は有るのだが・・・
なにせ20年以上も前のバイク・・パーツの供給が不安
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可