2014年11月23日 (日) | Edit |
昨日一昨日と連チャンで阿弥陀へ通って音響のお手伝い
をして来た。



一昨日は「山口洋」さんのソロ



昨日は「AZUMI]さんのソロ

どちらもシンプルなセッティングなので如何しても
音響オペレーターが必要と言うほどでは無いが・・・

阿弥陀のスピーカーはオーディオと併用している為
ちょっと癖が有り・・すんなりと生音が出て来ないので
ミュージシャンは演りにくい面が有る。

GEQを持って行きモニターとメインの音を揃えて出来るだけ
加工した音に成らない様にしたので多分演り易かったと思う。

P・Aというのは只大きな音を出せば良いと言うものでは無い!
自分の音と違った音が会場やモニターに鳴っているのは、
ミュージシャンにとって非常に苦痛だと言う事を
P・Aオペレーターは理解して欲しい!

30年も前に、あまりにも音質を無視したP・A屋ばかりで
自前で始めたP・A業だが・・音響機材の質も良く成り
専門学校も出来たと言うのに、
未だに・・P・Aが無い方が良いと言われてしまうP・A屋が
蔓延っているのが悲しい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可