2015年11月09日 (月) | Edit |
そろそろ峠は雪が降るかという季節に成って、白老の気温も
朝晩は一桁・・冬の到来を感じる様に成った。



朝一に露天に浸かるのが気持ち良い気温差で心身共に癒される

雑木林で絶景とは言えないが建物や隣家の塀等に視界を遮られ
ないので露天の雰囲気を充分に味わえる。



床暖に使っていた分を利用して露天に給湯なので・・



掛け流し量が少ないのだが、湯船の小さいのが幸いして
まだ40度を保っている。
マイナス気温に成るとこの湯量では露天は難しく成るだろうが
もう暫くの間快適に浸かる事が出来そう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可